人生の記念日

Anniversary of Life

人生の記念日のしきたりは、わかっているようで細かい名前や年齢等は意外とわかっていないものです。
家族の人生の節目を集まるキッカケとして、家族でお祝いしてみませんか?

お宮まいり

赤ちゃんが無事生まれたことへの感謝と健康を願う

生後33日前後に行われ、赤ちゃんが無事に生まれたことへの感謝と赤ちゃんの健康と成長を願う行事です。
土地の氏神である産土神に初めて参拝し、氏子の一員として祝福を受けるという意味があります。
生後約1ヶ月を目安に天候、健康状態に合わせてお祝いください。

お食い初め

一生食べ物に困らないよう、お願する儀式

時期は目安として生後100日目頃、母乳から離乳食に変わる時期に行います。 親戚の中で長寿の人が赤ちゃんに食べさせる真似をすることで、長寿にあやかるといういわれがあります。祝い膳には、 飯碗(赤飯など)、平椀(季節の煮物)、平皿(鯛など尾頭付きの魚)、すまし汁(鯛、鮭などの実)などを用意します。 歯の丈夫な子に育つようにと小皿に小石を置いたり、しわができるまで元気でいられるように梅干しを添えることもあります。

初節句

生まれて初めて迎える節句

子どもが生まれて初めて迎える節句。女の子は桃の節句で3月3日に雛人形をを飾って祝います。愛媛県では3月の間は雛人形を飾り、4月3日にお祝いをする 家庭も多いようです。 男の子は端午の節句で5月5日に五月人形、武者人形、鯉のぼり、武者のぼりなどを出世するよう願いを込めて飾ります。

七五三

子どもが無事に成長したことをお祝いする行事

昔は乳幼児の死亡率が高かったことから7歳までは「いつでも神様の元へ帰りうる」魂と考えられ、7歳になって初めて正式に氏子として認められていたそうです。 3歳は髪を剃るのをやめ、伸ばしはじめる「髪置き」、5歳は初めて袴をつける「袴着」(男)、7歳は帯を使いはじめる「帯解」(女)という意味があります。 本来は数え年で行いますが、満年齢でもかまいません。兄弟の年に合わせ、数え年と満年齢で一緒にお祝いする場合もあるようです。 お参りは日頃から参拝している神社、お寺でお祓いを受け、祝詞を上げてもらうのが一般的です。

結納

両家が親族となる始まりの儀式

両家が親族となり「結」びつくことを祝い、贈り物を「納」め合うことから結納と言われています。 ご仲介人を立てられる場合とご両家のみで行う場合があります。

結婚記念日

ふたりだけ、とっておきの記念日

結婚した日を祝う記念日。婚姻届を出した日か、結婚式を上げた日にお祝いするのが一般的。夫婦ふたりで祝う他、子どもが親の結婚記念日をお祝いする場合もあります。結婚記念日には経過年数によって名称があり、その名称に合わせた贈り物を交換する夫婦もいます。

  • 1年目紙婚式
  • 3年目革婚式
  • 5年目木婚式
  • 10年目錫婚式
  • 15年目水晶婚式
  • 20年目磁器婚式
  • 25年目銀婚式
  • 30年目真珠婚式
  • 35年目珊瑚婚式
  • 40年目ルビー婚式
  • 45年目サファイア婚式
  • 50年目金婚式

長寿のお祝い

祖父母や親への感謝を込めて長寿を祝う

祖父母や親の長寿を子どもたちが日頃の感謝を込めてお祝いします。十二支を一巡したことを祝う還暦では、生まれた年と同じ年回りを迎えます。赤ちゃんへ還ることから赤いちゃんちゃんこなど赤色を含んだ小物などを使います。

  • 還暦60歳生まれた年の干支に還ること
  • 古希70歳杜甫の「人生七十古来稀なり」という詩に由来
  • 喜寿77歳喜の草書体が七十七と読めること
  • 傘寿80歳傘の略字が八十と読めること
  • 米寿88歳米の字が八十八と分解できること
  • 卒寿90歳卒の略字は「卆」であり、縦に(九十)と読めること
  • 白寿99歳百の文字から一を取ると白になること